ミュゼで脱毛ができない、条件と部位

ミュゼで脱毛の施術を受ける際に気を付けなければいけないことがあります。

 

注意マーク

それは、施術を断られるケースや部位があるということ。

 

これらの注意点を守っていないと、せっかく予約をして行っても、無駄足になることがあるのです。

 

それでは、具体的な注意点とその理由を見てみましょう。

 

顔の脱毛に関して

ミュゼでは顔のパーツの一部は脱毛をすることができません。
顔で施術できる箇所
鼻下・あご・襟足の脱毛は可能ですが、おでこや目の周辺、頬については、安全面を考慮して施術が不可能となっています。

 

体調不良や予防接種、献血

体調が悪いということは、肌の状態も悪くなりがちになりますし、施術を受けることで更に体調が悪化する危険性があります。

 

また、予防接種や献血をすることで、何らかの体調の変化が出るリスクも高くなります。

 

乾燥肌や肌が日焼けしている

施術はお肌に光を照射して行いますので、少なからず肌に刺激が加わります。

 

お肌の状態が悪いと、刺激が加わることで肌の状態が悪化してしまうことがあるのです。

 

特に夏場、日焼けして黒くなってしまった状態では、施術ができない可能性があります。肌へのダメージに加え、そもそもムダ毛へ効果的に照射できない為です。

 

薬を当日飲んだ

薬の種類によっては光と反応して思わぬ副作用が出る可能性があります。

 

持病をお持ちで定期的に薬を飲んでいる方は、無料カウンセリングの際にお薬手帳を持参して相談してみましょう。

 

妊娠中や授乳中

施術による精神的なショックが胎児に影響を与える事が懸念されています。

 

またホルモンバランスの崩れる時期ですので、脱毛効果が表れにくいというのも理由の1つです。

 

12時間以内のアルコール摂取・入浴や運動

アルコールを摂取したり、入浴や運動をしたりすると体温が上昇します。

 

お肌の温度が上がると刺激を受けやすくなってしまいますので、体温が上がるような行為は禁物です。

 

生理中のデリケートゾーン

生理中は体調は万全というわけではありませんし、肌も敏感になっているので、肌トラブルや衛生面の観点から、デリケートゾーンの施術を受けることはできません。

 

 

上記以外に、持病を持っている・肌質が弱く安定していないなど、場合によっては医師の確認、施術を行えない可能性もあります。必ず、ミュゼスタッフに相談をして下さい。

 


ミュゼプラチナムの脱毛の評判が気になるなら→ミュゼ 口コミ